モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

「そして、生きる」はやっぱり・・・

坂口さんが、この間読んだ記事でも、

「なんでこうなんだろう、と見た後に引っかかる作品の方が好き」

と言われていて、

私にとって引っかかる作品と言えば、「そして、生きる」。

どうしても考えてしまう。

思えば思うほど、

あんな展開はない、とひどい話だと思ってしまう。

何を描きたかった作品なんだろうか、と疑問。

好きとは思えない。

 

好きなシーンはたくさんあるし、

役者の演技も迫真で、心温まるものがあって、

お気に入りに入れたい作品なのに、

どうしても、あのラストは納得いかない。

だから、もう一度見たいと思えないし、

人にも勧める気にならない。

 

やっぱり、瞳子が最初に、妊娠を告げずに一人で産もうと決めたところが

すべての行き違いの始まりだと思う。

彼女の強さ、けなげさ、愛情深さ、育ちにつながる思いなど、

いろんな姿を示しているんだろうけど、

あの決断は、ほんとに必要だったんだろうか。

自分で決める強さと、決めたことは受け入れていく潔さ。

それは素晴らしいかもしれないけれど、

ほんとの大事な気持ちを押し込めて生きていくことは、

いいことなの?

あれがなければ、ふたりや他の人物に違う人生の展開があったと思う。

少なくとも、たくさんのもどかしい交情は起こらないですんだ。

2話までは、ふたりの出会いや生き方も含めて

素直に見ていられる話だったのに。

 

なんか、ほんとの幸せの形が見えない作品に感じる。

フィクションだからこそ、

もっと登場人物に救いがあってほしかった。

・・・と、

何度も考えて、今の私にはこんなふうに思えている。

坂口さん作品の中で、唯一納得できないもの。

いつか違う見方をするときもあるのかな。