モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

時差

考えてみると不思議に思うのは、

映画って、撮影されたときから公開まで、

通常ずいぶん日が経っていること。

1年以上はざら。

もっと前ということもよくある。

 

昔はそんなこと考えてなかったけど、

公開時に撮影裏話とかを見る中で、

それはずいぶん前のことだったんだ、

と気づいて、

それをあたかも今のように実感をもって語ってるって、

すごいことだなあと思う。

 

公開のときの役者のビジュアルは、

今また別の現場に入ってる中だったりして、

テイストをあわせるのだって微妙なこと。

 

映画作りって、ほんとに時間がかかるんだ、と

驚いてしまう。

そんな息の長い過程を経て作品を送り出すって、

すごい仕事だと思う。

コロナ禍で映画制作者が辛い思いをした、

というのがどれほどのことだったか、

あらためて思わされたり。

 

自分が今していることを人に伝えられるのは何年も先、

何年もかけて大勢で1つのものを作り上げる、

どれも私には思いの及ばないこと。

その積み重ねで今あまたの作品があることを思うと、

途方もない気持ちになる。