モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

イノセンスも

Paraviを消化しようと、

イノセンス」も見てみて、最後まで見終えた。

私は好きなドラマだった。

後半になるにつれてシリアス度合が強くなって、

坂口さんならではの表現も深くなって。

(終盤は、拓としてはちょっとかっこよすぎなところも)

 

自分の思いがぶれず、

あきらめず向かっていく姿が、

坂口さんにピッタリだった。

ちょっとコミカルな抜けてる感もご愛敬。

言葉鋭く言い放つ、真に迫った表現も圧倒されたし、

言葉を発する前の微妙な間合いの表情も、

一緒に何かを感じずにいられない。

何度でも見たくなってしまう。

 

やっぱり一番心に残ったのは、

9話で和倉さんの腕をつかんだとき。

あまりそういう要素のないドラマだったので、

ちょっと唐突感があったのだけれど、

和倉役の川口春菜の反応の仕方も自然で、

黒川役の坂口さんの無言で見せる表情が、

いつもは見せない心の内にあるものをうかがわせて、

思いを想像しながら見ずにはいられない

心つかまれるシーンだった。

それだけでほかには何もないんだけど。

川口春奈は、初めあまり好きじゃなかったんだけど、

 このシーンはいい感じ)

 

このドラマはシグナルより後だけれど、

私はこちらの坂口さんの方が好みだなー。

毎回ゲストも素晴らしいし、

やってるときは全然知らなかったけど、

今回見れてよかった。

そういえば、主題歌の「白日」もいい。

ドラマの終盤で曲が始まると、

場面の雰囲気がいっそう深まって、効果抜群。

そんなところにも、このドラマの力の入れ具合が見える。

 

ヒルにヘルドッグスと、ハード系の役が続く坂口さん。

それも魅力だけど、

乱暴なものは苦手な私なので、

今度の大河の役は、あまり非道な役じゃないといいなあと願ってる。

これからどんな役者になっていくのか、

ドキドキしつつ楽しみな坂口さんデス。