モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

今日の鎌倉殿、こってりのシーンの連続。

義時と時政の別れを前にした対面の長い場面、

目を離せなかった。

特に小栗旬の表情。

今日の回の小栗旬は、最初からずっと

目が据わってる感じだった。

 

正面からの自分の顔のアップがずっと続く、

それは、どういう精神状態なんだろう。

人前に正面から自分の顔をさらすこと。

しかも感情的な。

自分じゃない、役だと思うからできることかな。

ケレンなく顔を向けることができる、

潔い人間に憧れる。

 

シリアス度が増して、

そして、それぞれの人の心の深さも

いろいろ垣間見えてきて、

いろんな役者が魅力的に見えだしてる。

ほんと言うと、

鎌倉殿に出てる役者、

私はもともとあまり好きじゃない人が多い。

でも、だんだん愛着持ち出してる。

駆け引きはやっぱり嫌いだから、

早くかたづけーと思いながら。

 

坂口泰時はまだ、頼りなさげな風情。

着物の着こなしも、なんとなく身体をもてあましてる感じで。

これが芯が通ってくるのはいつからだろう。

坂口さんの変化に注目しながら、

登場のシーンを初めからずっと録画で残してる。

最後には気持ちよくなることを期待して。

 

まだ2ヶ月以上あるドラマ。

毎週、躊躇しながら見ていくのはやっぱりしんどい。

つらい争いのあれこれは、いつまで続くのだろう。

歴史をよく知らないので、

まさか最後までこればかりではないよね、と願いながら。