モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

日々接するもの

CMやニュース、ワイドショーを見るのを必死に避けてる。

洗脳されそうで。

知らないうちに、心配の種やものごとへの反応の仕方を

すり込まれていくような気がして。

特にワイドショーは、

なんか嫌なオーラが画面から放出されてる気がする。

(食わず嫌いの偏見もあるだろうけど)

 

ミステリーもちょっと苦手。

人や世の中のダークな部分を知らされるから。

坂口さん出演だから見てる「鎌倉殿の13人」も、

権力の思惑が渦巻く世界が苦しくて、

見るのはしんどい。

録画して、視聴をずるずる先延ばししながら、

宿題を意を決してやるような気持ちでエイッと見ている。

「競争の番人」もそういうところがあって、

ちょっと困ったなあと思う今期のドラマ。

9月公開の「ヘルドッグス」も、

だからどうしようかなあ、と困ってる。

ビジュアル・人物が魅力的なのと、話の内容に惹かれるのは別なのでー。

 

嫌なもの、マイナスなものにできるだけ触れたくない。

触れるのが怖い。

見聞きして自分の中に入ったものは消せないから。

メンタル弱ってるこのごろは特に。

あとで頭の中で蘇ると、そのたび心がきゅっとなる。

 

その意味では、

昨年のショパンコンクールの期間は幸せだったなあ。

毎日美しい音楽と真摯な奏者の世界に浸っていられた。

ありがとう。

 

世界の中に素敵なものはいっぱいある。

それに出会う努力をもっとしていきたいこのごろ。

そして、自分が、

素敵なものを与えられる側になれたら、と願うこのごろ。