モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

写真集「君と、」

写真集1つ、届いた。

坂口さんの最新の「君と、」。

 

とってもよかった・・・!

 

封を開けて本を見た瞬間から、

本の紙の質感も、色合いも、デザインも、

ぎゅっと心つかまれる感じがあって、

自分の好みにストライクな予感。

ビニールを外したあとしばらく開かずに置いておいた。

中を見るのがもったいなくて。

 

どきどきしながら開くと、

扉写真に金髪坂口さん。

そのブックデザインが素敵で、

あとはどの写真も、言葉も、レイアウトも、

全部期待以上だった。

私の見たかった坂口さんがあった。

そして、

最後のインタビュー。

 

知らない坂口さん情報がいろいろあって、

それは知りたかったことでもあって、

しんとした気持ちで読んだ。

こんなことが語られているとは思ってなかったので、

ほんとに思いきって買ってよかったと思う。

 

何か、自分も人とあたたかい関係を築きたくなった。

自分を開放して、信頼できているような。

 

本の制作期間にコロナが重なって、

そんな中の作品で、

この時期の坂口さんの多様な撮影作品の表情も伺えて、

何か、特別な記録の1冊、という気がする。

「優しくて美しい」をコンセプトに、

ということだったけど、

もっと、

強さ、覚悟、深さ、、、

何かに向かって常に考えている、

そんな人間坂口さんの芯のようなものを

感じる写真集だった。

どのページも、何度も見返したい本。

ありがとう。