モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

クイックジャパン

昨日、坂口さんのインタビューが掲載されてるバックナンバーが2冊届いて、

時間があったのでさっそく読了。

 

クイックジャパン」という雑誌、

雑誌というより、本、だった。

文芸誌のような厚みとサイズにびっくり。

こんなカルチャー雑誌があったのだと、

初めて知りました。

坂口さんのほかにも、エンタメの紹介記事がびっしり、ずっしり。

1冊はももクロの百田さんがメイン特集、

もう1冊は、川栄李奈さんがメイン、

それぞれたっぷり紙面が割かれていて、

取り上げられてる人たちにとっては幸せな本だなあと思う。

編集の人たちが、みんなのことを愛してつくってる感があって、

読み応えたっぷりの本だった。

太田出版HPで見ると、

現在創刊25周年のユース・カルチャー誌とのこと。

私は「ユース」じゃないけど、楽しみました☆)

 

2015年と2018年のものなので、

坂口さんは、ちょうど映画に出だしたときと、

「シグナル」で連続ドラマ初主演のとき。

それぞれ飛躍のときに当たっていて、

どう考えてその時期を越えてきたのかが知れてよかった。

 

基本、自然体の坂口さん。

「僕は楽観的なタイミング至上主義なので、

 これだ!と思う作品で声をかけてもらうまでは時期じゃないと思って、

 焦りはなかった」

お父さんをはじめ、家族の人との今までの関わりも、

彼のものの受取り方に幸せな影響があったのだと思う。

自分のことは好き、とはっきり言って、

でもそれがまた魅力のひとつに思えてしまう。

楽はしてないですよーと言いつつ、

彼のメンタルが、飛躍してきた要因なんだと思う。

去年から今年、ほんとに大活躍の坂口さん、

若くてきらきらしてる今の時期を越えて、

これからどんな役者さんになっていくのか、

祈るような気持ちで追っている。

 

こういう、人の心境の変遷を読んだりすると、

さて自分はどうだったんだろう、と

振り返りたくなる。

それは、自分を大切にするために。