モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

機嫌良く

坂口さんの、なにが魅力かって、

ひとつは、その機嫌の良さだと思う。

演じる坂口さんも好きだけど、

素の(?)坂口さんの、かまえない感じも好き。

番宣やインタビューなどで坂口さんを見ると、

その無理のない感じにこちらも素直に受け取れる。

 

どんなふうに生きたいかとか、

どんな人でありたいかを考えると、

やっぱり機嫌良くある人でありたいと思う。

 

自分でやりたくてしている感じ。

起こることを楽しんでる感じ。

なんでも受け入れてる感じ。

納得して生きてる感じ。

 

もちろん、人はいつも元気でいられるわけじゃないし、

外の人の中にいる顔と、パーソナルなときは違って当然だし、

坂口さんもインタビューなどでいつも、

パブリックなイメージではない自分があることは言っているから、

見えているものがそのままだと思うことはないけれど、

ひとつの目標の姿として、

「機嫌良く」は大事だと思ってる。

(このところずっと露出の多い坂口さん、

 どうぞ、無理をしていないように、とひそかに願いつつ)

 

一方で、

清原さんは、

悩む人、というイメージ。

あいまいにせず突き詰めて、

自分が納得して動き出していく感じ。

 

それも、自分に嘘がない感じで、素敵だと思う。

 

今、自分がちょっともやもや期なので、

このふたりのあり方のどちらもを

心に留めておきたいと

ふっと思った今日でした。