モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

おかえりモネ ボックス2

今ごろになって、「おかえりモネ」ボックス2を購入。

これで3巻ともそろえてしまった。

2の内容は、自分の録画がだいぶ残してあるし、

なくてもいいかな、と思ってたのに、

ツイッターの久しぶりのおかモネフィーバー見てるうちに、

やっぱりほしくなって。

 

この辺の金銭感覚がちょっとおかしくなってるので、

ふだんスーパーの買物では5%引きとかこまめに節約してるくせに、

この値段なら、と手に入れちゃう自分がコワイ。

このごろ、見たいものへの歯止めがきかなくて、

反省を繰り返しつつ。

 

さっそく中身をちょっと視聴すると、

つい引き込まれて、続きをどんどん見てしまった。

買って後悔はない。

坂口さんのコメントも見られたし☆

 

「おかえりモネ」は、やっぱり独特なドラマだと思う。

シーンの中に、

3人の登場人物が、ひと言もしゃべらないで成立させてるカットがあったり。

朝ドラでよくこんなことやったなあ、と思う。

とにかく、「間」がとっても大事にされてるドラマ。

 

そして、清原香耶さんの演技は、

やっぱり表現が自然で細やかで、彼女ならではだと思う。

声も、その年齢ごとにちゃんと違う。

坂口さんがコメントで、

香耶ちゃんは、まっすぐな子、うそがない、

一緒に芝居をしてて、見破られる、うそはつけないな

という感じがする不思議な女優さん、

と言ってた。

坂口さんが菅波としてあれだけの表現ができたのも、

清原さんとの現場だったからこそ、

とも言えるのかも。

(もちろん他の役者さんも細やかな芝居のできる人ばかりだったし)

 

おかえりモネに、まだまだ惹かれている。

超えるものにはまだ出会えてない。

主題歌を聴くと、

あのころ、ドキドキひりひりする気持ちで番組始まりを待ってたのを

久しぶりに思い出した。

あれはなんだったんだろう。

主題歌の歌詞も一緒に心に響いてた。

あのころの自分の、なにか模索してた気持ち。

宙ぶらりんの中で、おかえりモネが、ひとつのよりどころになってた。

今の自分は、ひとつの区切りがあった中で、

また新しい模索の中にいる。