モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

言葉にできること

映画「ヘルドッグス」公開に合わせて

今怒濤の番宣で、岡田&坂口がテレビ・雑誌にたくさん露出。

 

ちょっと遠出した図書館で、

日経エンタテインメント!」「スクリーン」

の取材記事を読んだ。

 

「日経~」のインタビューはいつもけっこう充実していて、

今回のも、「ヘルドッグス」のことだけでなく、

このところの坂口出演作にいくつも触れて、

追い風の中にある坂口さんをとらえた内容。

坂口さんは、各作品ごとの自分の取り組みを

それぞれ詳しく語ってた。

 

坂口さんが、作品の中の自分の芝居を語るときに、

「~~の調整に気をつけました。そこは難しかったです」

という言い方をよくする。

作品の中での自分の役の位置づけを考えて、

そのための微妙な塩梅を考えている。

ただ楽しんで役に取り組んでいるだけでない、

クレバーに役や作品と向き合っている人だとよくわかる。

 

自分の取り組みを、

ただ感覚でやるだけでなく、

ちゃんと言葉で説明できること。

そういうのに私は憧れる。

 

自分がしていることが、

どんな意味があるのか、

そのためにどうすることが必要なのか、

どうしているのか、

そういうことに自覚的になってないとできないこと。

 

目の前のことをこなしながら、

無理のないように日を過ごすことも大事だけど、

「なんのために」「何を大切にして」

自分が行動していくのか、

なんかちょっと確かめたいなあ、と思うこのごろ。