モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

泣けるのはなぜ?

Dr.コトー診療所」9話の再放送を見て、

明日の放送が待ちきれなくて、

とうとうTverで10話と最終話を見る。

最初のシリーズをコンプリートして、

いいドラマだったなー、と思う。

他ごとができず、じっと見入ってしまった。

 

10話で、柴咲コウ演じる彩佳が、

コトーを追いだした形になった島の人たちに、

なぜ?と気持ちをぶつけるシーン、

なんだか泣けてしかたがなかった。

このドラマ、他にも感動シーンはいろいろあるのに、

このシーンが特別だったのはなぜだろう?

そんなに特別なことを言ってるわけじゃないのに。

柴咲コウの力だろうか?

受けてた泉谷しげるの力だろうか?

当たり前の気持ちがやっとはっきり出せたからだろうか?

吉田紀子さんの脚本の流れがいいからだろうか?

私には説明つかないんだけど、

あのシーンには、特別な気が出ていたのかも。

 

今日聞いた話に、

自律神経は伝染するんです、

というのがあって、

いい流れの人たちのところにいると、こちらもよくなる、と。

頭の理屈じゃなくて、

私たちの身体の反応は、

なにかそういう気を受け取っているから起こるのかな。

 

そんな余分なことを連想するくらい、

Dr.コトー」に心をもってかれた今日でした。

出てる役者さんもみんないいー。

吉岡秀隆石田ゆり子時任三郎筧利夫、大塚寧々、、、

子役の富岡涼くん、とってもいい。