モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

のみこむこと

この間観た映画「土を喰らう十二ヶ月」、

中に、主人公勉が弟夫婦から面倒を押しつけられる場面がある。

そのたび勉は、閉口しつつも、

押し切られてたいして言い返さず引き受ける。

Dr.コトー診療所」の後藤医師は、

大学病院での医療事故の際、

忙しさと同僚新人の未熟さもあってのことだったのに、

自分の対応を責め、非を受け入れて思い悩む。

 

他を非難したくなりそうなのに、

どうしてのみこんでいれられるんだろう、

とそんな場面で思う。

 

自分の思惑と違う事態になったとき、

私だったら、

自分の事情をわかってほしいと思ったり、

自分が面倒をかぶることを避けたり、

という方に思考が動いてしまう。

それで自分がもやもや苦しくなる。

 

三界唯一心。

いらいらするのはすべて自分の心が

生み出していること。

もっと大きな境地にあったら、

どんなにか穏やかな日々でいられるだろう。

 

勉も後藤医師も、

どうやって自分の中で折り合いをつけているのかわからないけど、

ただ、引き受けた後、

自分のできる、自分のやりたい形で

その先のことへ進んでいる。

 

日々の中で、

悔しく思うこと、

理不尽な仕打ちに遭うこと、

巡り合わせの悪いこと、

そんなことはいくらでもある。

ドラマではそんなできごとがいくつも描かれて、

登場人物たちの人生模様に教えられる。

単純に反発したり、

相手や状況のせいを言いつのったり、

くさったり、

そんな方に気持ちを持っていくんじゃないあり方が

たくさんある。

そして、そちらの方が素敵に見える。

どうしようもないことだってたくさんあるのが世の中なんだ、

その中でやってきてる人もたくさんいるんだ、

そんな当たり前のことを気づかせてくれるのも

エンタメ作品。

 

今日は、ちょっとがっくりもやもやすることがあって、

それで調子が狂っちゃった、残念な私。

自分のメンタルを反省。