モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

初恋の悪魔

最終回を終えて、話の感じもだいたいわかったので、

安心して(?)「初恋の悪魔」の録画を

最終話までの5話分一気見した。

 

前半の内容とテイストが全然違って、

ほんとはこんな話だったの?という驚きの展開の連続。

隠されていた面がひとつずつ明らかになって、

切なさがいっぱいだった。

 

田中裕子演じるお医者さんは、

意外に本筋にはあっさりした関わり。

少ししか出てなかった満島ひかりさんだけど、

最後のシーンの「ただいま」を言うまでの間が、

とても好きだった。

 

小鳥や森園のような、ちょっとイラッとする人物を苦手に思いつつ、

松岡茉優演じる星砂の行方に引き込まれて、

最後までドキドキしながら見られた。

 

よく考えると、救いのない話。

あんな事件あっていいものか、と思うし、

星砂を巡る恋愛模様も、悲しすぎる。

それでも、

ひとつひとつのシーンが深いので、

ドラマとしては十分堪能させられた気持ちになる。

 

人の心のままならなさ、

その中でも一生懸命心の折り合いをつけて

ほんとに個人的なちっちゃな生を続けていく

人間のかすかな煌めき。

 

そんなものを受け取った気がする。

 

坂元裕二脚本、とかさんざん言われてるけど、

クセの強い作風なので、

私は、諸手を挙げて、とは言えない。

私はやっぱり、

作品としては「いつかこの恋を~」が好きだ。

言葉のやりとりの素朴さやもどかしさも。

ラブストーリー一直線だったからかな。

6人の若者の絡みがほんとに魅力的だった。