モネ日記

「おかえりモネ」感想・・・その後の日々のつぶやき・・・

「PICU」一気見

ずっと録画が残してあった「PICU」を

1話、3話、4話と一気見した。

(また夜更かし)

 

あまり期待してなかったんだけど、

1話を見て、わりと好きなドラマだ、と思う。

セリフが多すぎないのがいい。

主人公も、あまりしゃべらず、表情だけの受けがけっこうある。

それもけっこう繊細な。

 

何かあったとき、

ドラマでは、登場人物が何か言葉でリアクションしがちだけど、

現実にはそんなにいつもうまい言葉がかけられるわけじゃない。

受け止めるだけで何も言えない方が普通。

だからこそドラマでは、

素敵なセリフで状況が動くのを期待してしまったりするんだけど。

 

安田顕は、いつもより静かな演技で、

私はこれくらいが好き。

吉沢亮ポンコツお坊ちゃん感も、

よく流す涙が人の良さを出していて憎めないし、

登場人物がやりすぎてない、ほどよい感じがいい。

 

展開が少しあっさり進みすぎる、

他の人物のエピソードがいろいろあって、

PICUつくりのテーマが中途半端、

というあたり、ちょっと気になるけど、

好感もてるドラマではあり、

もう少し見ていこうと思った。

また見るものが増える―。

すっかりドラマづいているこの秋。